堀江貴文が考える、30代からの生き方

成功する営業エッセンスが詰まったお役立ちPDAA コラム!

hidekisnews

4.3(TUE)09:30

結婚式

結婚式 日本人の男女比率でいうと 男性 6100万人 女性 6400万人 と女性の方が多い なのにもかかわらず まだまだ 男性に偏った社会構築主義が 日本では日常化している 今回の結婚披露宴は 新婦側の友人という 珍しい立場で出席したが なんてことはない… 新婦側の友人ほぼほぼ 全員男性だった… JCの関係で 青年経済人がたくさん いたこともあるのかも しれないが これから日本をよくして いこうとしている人たちが 男性ばかりというのは とても不思議!! 先日 モンゴルで私が行った ビジネス講演会は 逆に半分以上女性だった 日本も今は働き方改革を 推奨していて女性が 働きやすい環境を整えることにも 重きを置いているけれども もともとが 女性だから男性だから… と区別している時点で 改革は進まないかもしれない 私も営業会社として 女性だけの事業部 会社を作ったことがある それはそれで 話題性はあったが やはり 男女両方の力を合わせて 社会を変える事業を していった方が スピードは早いと思う そんなことを 考えさせられる 真っ黒な服の人ばかりの 結婚披露宴でした…

もっと読む

hidekisnews

4.2(MON)00:30

第2回塾会議

第2回塾会議 JCのアカデミー 塾長になってから2回目の 塾会議 塾開催を狛江市で 行わせていただき 狛江JCの 理事長 直前理事長 専務 ご挨拶 そしてお祝いまで いただきありがとうございました 塾生のみんなも だんだん主体的に動いてくれて 次のお題 あきる野市の 魅力と課題を題材に 議論した 46人の塾生のうち 10人くらいが 入れ替わり 来てくれたけど 年間で一回でいいから 46人全員が集まってくれる 場所を作りたいなー! どうやったら作れるかなー これは、本気!!! 前回は シャンパンタワーで 今回は 花見なんで 次回は どうしよーかなー?? 楽しい事をすれば 集まってくれるかなーー?? この塾はJCにとって 興味関心を引いてもらって JCの活動をしたい!と 行動してもらうまでの 大切な場!! とりあえず入会は してみたものの… AIDMAの法則ですね attention 注意を引いて 「入会」 interest 興味関心を持ってもらい desire 欲求を引き出し memory 覚えてもらう action それで始めて行動に移す アカデミーではこの interest desire  memory を担っている だからこそ 無理強いしても意味ないし 楽しい場だと感じてもらってから JCとは何か…などを 話ししていかないと 耳にも言葉が入ってこない そのためのアカデミーだから ここ第2回になってくると ここまで出て来ていない メンバーが来づらくなるのも わかるんだよねー もうメンバーが 固まってくるっていうか… だから ここからのAIDMAが 重要なのかもなー どうやって みんなに来てもらうか どうしたら 来やすい環境を作れるか? どう 来てもらって 楽しんでもらうか?? もともと みんな青年経済人なんだから 塾生っていっても 立派な地域のリーダー その人達に敬意をもって もっと成長できる場を 提供していきたい!! 心からそう思っています 僕はね JCは教えられないけど お金の稼ぎ方は プロなんですよね… 稼ぎ方講座は 毎回やっていこうと 思ってます!! 是非、 実はうちの塾生の人達… 次回は待ってますよー 次はね 4月15日 全体委員会 待ってまーす!! それとJCで アカデミーに興味が ある人はオブザーバーとして 是非参加してくださいー それにしても 花見楽しかったなー あと276日 @ Komae, Tokyo

もっと読む

hidekisnews

4.1(SUN)09:30

give give give 講演会

give give give 講演会 日本の企業の成功を事例に 与え続けることの大切さを 織り交ぜながら モンゴルでの PDAAの初講演会を行った 日本には 100年続く100年企業が 33,000社ある それは商品だけに 頼らず人と人の 伝統の継承もしっかり しているからである。 人は自分の働ける 平均年数は35年 100年続けるには 3世代継承できる 事業でないと続かない だからこそ商品だけでなく 人と人の与え続ける 精神が必要なのだ お金があるから 事業が成功するわけではない 時間と信用をうまくお金に 変えていくことができれば 事業は成功できるのだ 日本のソフトバンクのような タイムマシン経営を 題材に先進的な海外からの 考え方や技術、商品を うまく自分の事業に活用して 事業の発展に寄与することが 大切なんだと思う だからこそ 1+1=2ではなく3.4行く果ては 無限大になるように まずは自分から与え続ける 心構えをもってくださいね! give give give の精神が とても大切ですよ〜 って感じの概要の講演会を したんですけど 200人くらいの人達と 10社くらいのメディアの方々も いていただけて 質問も沢山でたので 今のモンゴルでの 経営に関する熱意を とても感じる事ができた。 今後も是非 モンゴルの 次世代のリーダーになる 経営者の育成に一翼を担って 行きたいと強く思いました 今回の講演会に向けて 前々から 準備を続けてくれていた スタッフの皆さんも感謝です あと277日  @ Mongolia

もっと読む

hidekisnews

3.31(SAT)09:30

アクチュアリーの役割

アクチュアリーの役割 数理士と呼ばれ 保険や年金、銀行などの 商品設計で数字が最適か 計る役割の人達 今回、かぼちゃの馬車という ネーミングで都内に1,000棟 以上のシェアハウスを 販売したスマートライフが 問題になっている 問題になるタイミングで スマートデイズに 社名変更しているので スマートデイズと 覚えてある人も多いかもしれない 私も4年ほど前から この元スマートライフの 方々と共同で シェアハウス事業に 乗り出した。 それは、拝金主義での 販売になってしまっている スマートライフさんの 商品にメスを入れたかったから 場所や建築資材など お世辞にもいいものとは言えず こんな場所にたてて 誰が買うんだろーと いう疑問を解消したかったから もっといいものにして 販売した方がお客様も 喜ぶし30年保証なのだから 長期的に付き合えた 方が得なのに… と思ったからだ しかし 実際、やってみると 数の威力はすごくて どう見てもうちの 商品の方が 立地も条件もいいのに スマートライフさんに お客様がいってしまう 事が多々あった。。 数の心理ってすごい! なので 昨年からはこの スマートライフバブルが 終わるまでは シェアハウスは 管理だけにしようと 決めて様子をみていた 矢先だった。 このバブルで一躍有名に なったのが 地方銀行がスルガ銀行だ もともとフリーローンで 何に使ってもいいローンが 700万円くらいのプランで 提供していたり斬新な試みを してきた銀行だ 銀行のベンチャースピリットは ここにあるのではないかと 私はずっと思っている せっかくここまで 積極的な銀行なら なおさら 優秀なアクチュアリーを 採用してアクチュアリーの 権限を少し強めるべき だったのかもしれない なにもアクセルをゆるめろ! って言っているわけではない アクセルが強いなら ブレーキも強めのものを 採用しないとブレーキが 効かない!といっているのだ ここらへんの バランスがベンチャーには とても大切!! ここでは スルガ銀行を否定したい わけではない 今回、モンゴルにいってみて とても綺麗なレジデンス街が あった。どこが関わって いるのかな…とみてみると なんとスルガ銀行!! スルガレジデンスと称して モンゴルに 高級レジデンス開発を 行っているのだ!! こういう試み大好きです!! だから もっとスルガ銀行にも 頑張ってもらうためにも 今後アクチュアリーの役割は 重要になってきます こんな事書きながら うちのグループも 僕のワンマン経営なので アクチュアリーのような 助言者の方々がいないと 成り立ちません。 ですから私に関わって いただけている メンターの方々 今後とも末永く よろしくお願いします 身を引き締める思いに なれたモンゴルでの 出来事でした… あと278日 @ Mongolia

もっと読む

hidekisnews

3.30(FRI)09:00

講演会 リハーサル

講演会 リハーサル 今回、モンゴルでの 1番の目的は PDAAアカデミーモンゴルの 開校記念の講演会 モンゴルでのパートナー企業 と連携して ブルースカイというホテルの カンファレンスルームで 開催を予定している アカデミーをモンゴルに 作る1番の理由は 次世代のリーダー輩出 そして 自分の知識を与え合う場作り 留学生や技能実習生の 受け入れ組合としての 立ち位置で仕事をしてみると ある事に気がついた 日本に来て働いた この人達は その後どうするのか? やはり モンゴルに帰って 自分達の経験を生かし モンゴルで 次世代のリーダーに ならなくては せっかく実習した 意味がまったくないのでは ないか… そうはいっても モンゴルでは 帰国後に活躍できる 企業がまだまだ少ない 資本主義になってまだ 26年と若い国だから 仕方がないことかもしれない それなら 次世代のリーダーを たくさん輩出して モンゴルの未来を担える スタートアップの会社を たくさん作ればいいのだ 今回のお題は 日本での ビジネス成功の秘訣 内容は秘密… 講演終わったら また書きますー。。。 そんなことよりも  どんな人達がきてるれるか ワクワクします 銀行の社長や 政府の関係者の方々が 主要の経営者の方々に インビテーションを ひとりひとり200人 以上の方々に 手渡しで 配ってくれたみたい ここらへん 日本人は見習わないと… 最近は 空中戦が多く 手渡しではなく  メールや郵送 などの手段が多くなり インビテーションの価値が さがっている気がする 目を見て相手と 会話する事の 大切さ その空気感が大切なのに 会わずに物事が進むことが 最近多い… モンゴルに来てみて たった日本から5時間しか 離れていないのに 肌で現地を見ることで 見える事がたくさんある 事を再確認できた ビジネスでは 情報の不条理から 利益を生み出す事が多い だからこそ 知らない事に 触れる事で新しい発見が たくさんある お互いがお互い 自分の知っている知識を 与え合う事で 必ず新しい何かが 見えてる来るはず 講演会での みなさんの反応がすごく楽しみ あと279日 @ Ulaanbaatar, Mongolia

もっと読む

hidekisnews

3.30(FRI)00:15

世界共通

世界共通 仮想通貨は世界を変える 今日は更新が遅くなって しまったー。 あと30分で今日が 終わっちゃう… 毎日更新するって いったのに… 時間はも万国共通ではない 今、モンゴルは 22時30分 でも 東京は 23時30分だ! 時差があるから 時間ですら 万国共通ではない そんな中 世界共通のものを見つけた それは 仮想通貨の勢い モンゴルで一番有名な 仮想通貨取扱企業の ARDファイナンシャル グループの社長と 今のモンゴルでの 仮想通貨市場の 市場調査と アライアンスを組めないか 意見交換をした ARDでは マイニングをして ビットコインの 取引所のような事をして 個人間売買の仲介をしていた 仮想通貨アカデミーも やっていて マイニング技術の 指導も行っていた 会社に伺うと 楽天やサイバーエージェント GMOのように 若手の社員が 活発的に意見交換をして のびのびと仕事をしていた その様子だけで これから飛躍する 企業だとすぐに感じ取るができた 社長が直々に 話をしてくれて 話をするにつれて 次々に 関連会社の社長を 連れてきてくれた。 モンゴルのICO事情も まだ4つしか上場して いないし イーサリアム技術の 応用まで 技術開発が進んでいなかった アメリカから 技術者を雇ったり モンゴルでは 最優秀の人材をたくさん 雇っていて これから モンゴルも仮想通貨 ブロックチェーン技術で 経済復活が期待できると 全員が口をそろえて いっていた 僕が関わっている イーサリアムに変わる 新しいプロットフォーム ルートストックRSK技術に とても興味を持ってくれたので 帰国後もアライアンスを どう組むか 話し合っていきたい モンゴルのような 発展途上国には 信頼のできる 決済システムも ブロックチェーン技術は 必要である すごく不思議 隣で ゲルで暮らしている人が いる中で ブロックチェーン開発や マイニングが進んでいる 逆にしがらみがない分 先進国より 発展途上国の方が 世界を変える 新しいビジネスへの 初動は早いのかもしれない とにかく スピード感がすごかった 次はいつ会えるのか どう進めていくか 私達はなにをすればいいのか ベンチャースピリット 満載の会社に とてもワクワクした 最後に 写真を一緒にとったのだが 僕はモンゴルでは とても有名人なんだよ〜 っておちゃらけて いってくれていたが なんか あとで気づいたら 雑誌やテレビで 引っ張りだこの モンゴルでは有名人だったようだ 知らないってこわい… いやー 今日は モンゴルの ベンチャーの勢いを 感じられるいい日だった あと280日 @ Ulaanbaatar, Mongolia

もっと読む

hidekisnews

3.30(FRI)00:00

世界共通

世界共通 仮想通貨は世界を変える 今日は更新が遅くなって しまったー。 あと30分で今日が 終わっちゃう… 毎日更新するって いったのに… 時間はも万国共通ではない 今、モンゴルは 22時30分 でも 東京は 23時30分だ! 時差があるから 時間ですら 万国共通ではない そんな中 世界共通のものを見つけた それは 仮想通貨の勢い モンゴルで一番有名な 仮想通貨取扱企業の ARDファイナンシャル グループの社長と 今のモンゴルでの 仮想通貨市場の 市場調査と アライアンスを組めないか 意見交換をした ARDでは マイニングをして ビットコインの 取引所のような事をして 個人間売買の仲介をしていた 仮想通貨アカデミーも やっていて マイニング技術の 指導も行っていた 会社に伺うと 楽天やサイバーエージェント GMOのように 若手の社員が 活発的に意見交換をして のびのびと仕事をしていた その様子だけで これから飛躍する 企業だとすぐに感じ取るができた 社長が直々に 話をしてくれて 話をするにつれて 次々に 関連会社の社長を 連れてきてくれた。 モンゴルのICO事情も まだ4つしか上場して いないし イーサリアム技術の 応用まで 技術開発が進んでいなかった アメリカから 技術者を雇ったり モンゴルでは 最優秀の人材をたくさん 雇っていて これから モンゴルも仮想通貨 ブロックチェーン技術で 経済復活が期待できると 全員が口をそろえて いっていた 僕が関わっている イーサリアムに変わる 新しいプロットフォーム ルートストックRSK技術に とても興味を持ってくれたので 帰国後もアライアンスを どう組むか 話し合っていきたい モンゴルのような 発展途上国には 信頼のできる 決済システムも ブロックチェーン技術は 必要である すごく不思議 隣で ゲルで暮らしている人が いる中で ブロックチェーン開発や マイニングが進んでいる 逆にしがらみがない分 先進国より 発展途上国の方が 世界を変える 新しいビジネスへの 初動は早いのかもしれない とにかく スピード感がすごかった 次はいつ会えるのか どう進めていくか 私達はなにをすればいいのか ベンチャースピリット 満載の会社に とてもワクワクした 最後に 写真を一緒にとったのだが 僕はモンゴルでは とても有名人なんだよ〜 っておちゃらけて いってくれていたが なんか あとで気づいたら 雑誌やテレビで 引っ張りだこの モンゴルでは有名人だったようだ 知らないってこわい… いやー 今日は モンゴルの ベンチャーの勢いを 感じられるいい日だった あと280日

もっと読む

hidekisnews

3.28(WED)05:30

bayarlalaa Thank you

bayarlalaa Thank you  ありがとう 海外にいったら まずなにをしますか? 挨拶を覚えませんか? とくに ありがとう!! これと笑顔で 言葉がわからなくても なんとかなっちゃうもの モンゴルなんて 英語と違って ニュアンスすら わからないから まずは お礼言っとかないとな! と必ず思います bayarlalaa これだけ言えれば なんとかなるでしょ! 食事は 羊なので 僕は食べれません。 羊の頭が丸々出てくることも よくあるし… それでも おもてなしだから bayarlalaa お礼は言わないとね。 お礼や 相手を思いやる気持ちって コミュニケーションの 潤滑油ですよね これは、万国共通! 言葉がわからなくても 相手を思いやれれば 必ず相手に伝わるし 仲良くなれるものです 逆に言えば 同じ日本人で同じ日本語を 使えたって 必ずコミュニケーションが 取れるわけでもないですし 必ず仲良くなれるわけでもないです これって ビジネスも一緒です なにも ありがとうって言われたくて 頑張ってるわけでは ありません。 しかし ありがとうって 相手に言われれば こちらを思いやって くれていることが  わかりますし こちらを思いやっている人を 人は蔑ろにはできないです 相手の立場にたって 物事を考えなさい! これは、よく言われますが では、どうそれを 態度に表せばいいのか?? それは、まず相手に 敬意を払う それを体現したのが 挨拶だと私は思います それが 顕著に表れるのが 海外に行った時でしょう。 少ない知識で 相手に敬意を払うために どうしたらいいか? そう自然と考えるからこそ 現地の言葉で ありがとう を覚えようとするんだと 思います。 感謝の言葉は 日本人同士だとしても 毎日、伝えたいですね モンゴル感のある 写真を貼り付けてみました あと281日 @ Shangri-La Centre, Ulaanbaatar

もっと読む

hidekisnews

3.27(TUE)09:45

モンゴル視察

モンゴル視察 技能実習生の受け入れ 体制について 現地の企業さんなどに 訪問して 現地調査をした。 まず モンゴルでは 創業80年の老舗保険会社で 技能実習生の保険について 意見交換をした。 モンゴルでは ノンライフ 「終身」 ライフ「生命」 保険がメインで 小規模短期保険は もちろんないし 自動車保険のサポートも まだ十分ではない状況な ことがわかった。 同席頂いた 保険会社の社長にも 高橋くん 保険と銀行は その国の血液なんだよ だからまずここを 抑えないとね。 おっしゃる通り 勉強になる モンゴルにも保険を作る アクチュアリーの制度も しっかり確立しているようで 安心した保険の制度設計は できているようだ。 日本も代理店ばかりではなく アクチュアリーをもっと 増やして保険自体を 主体的に作っていく 人材が増えていけば いいと思う。 どうしても 保険は代理店制度が蔓延して 保険ではなく とにかく会う 自分を売る 信用してもらう というように 営業のテクニックに 重きを置き過ぎているため 保険が本当に必要な人に 届いていないような気がする なぜ私がこんなことを言うのか 私は営業代行協会の 理事長なのだから 上記の売り方で なんら間違っていないし むしろ 営業マンとしては とても優秀である しかし 現在の保険代理店の営業マンは 僕が思い描いている 営業マンよりも数段優秀で 営業だけをしていては もったいない人材が たくさんいる。 もっと自分の頭で もっと広い視野で もっと明るい社会を 築ける人材が 保険代理店という枠に 縛られてしまって いるようで残念なだけ… もちろん その上でも優秀な方は しっかり結果を出されて いるのでこの話は 関係ない方も多いと思う 繰り返しになるが 保険と銀行はその国の 血液なのであれば 保険を扱う方々は 国を担っている方々なんだと 思う。その意識だけでも 変われば行動も未来も 変わるのではと強く思った。 最後には メディカルツーリズムの 話になった。 私もモンゴルの富裕層向けに メディカルツーリズムの企画を やりたいと思っていたので とても関心深かった。 東京の会員制クリニックの 会員に最近なった事もあり 人間ドックや脳ドック その後のフォローの大切さに とても関心があり それはまさに世界中の方々が 求めているものなので 今後形にしていきたい その後、700人くらいの 生徒さんを抱える 看護や経済、建築の 大学を、見学させてもらい 日本語学校の見学も させてもらった。 今年から本格的に 弊社でも 留学生 技能実習生の受け入れ企業の 営業を始めるにあたって とても興味深い話が たくさんできた。 学長の方からは 人としてしっかり生きていく 方法を一番に教えている とお聞きして 何事も基礎を大切に しないと いくら応用を教えても 意味がないことの 重要さを再確認した。 モンゴルからもたくさん 学ぶことがあり それをどう生かしていくか それは、私達次第だと 実感できた1日でした あと282日 @ Ulaanbaatar, Mongolia  

もっと読む

hidekisnews

3.26(MON)21:30

メリハリの活用 NO.2

メリハリの活用 NO.2 モンゴル 恵さんサボる 初日は、夜着くので 次の日のスケジュール 打ち合わせ終わったからって 恵良さんが遊んでる… 一緒に同行頂いている 技能実習生受け入れ先 組合の理事長さんが こんなことをいっていました うちは仕事17時で 終わりです。 高橋さんのところも そうした方がいいですよ。 耳が痛い… 全然帰れない…うちの 会社の課題です 仮に10時とか12時まで 働くよりメリハリつけて 5時に帰った方が アイデアも湧きますよ。 そっかー うちに足りないのは ここかもしれないなー。 かといっても 帰れない時は どうすれば… んー遊べばいいのかもな?? 恵良さんみたいに! 人はリラックスしている 時の方が頭は回転するし 視野も広がり 周りも見えるようになる よく働き よく遊び よく休む これが一番いい 働き方なのかもしれないですね 明日からは モンゴルの色々な 企業さんに 訪問して勉強してきますー あー恵良さんのことは 今日はほっとこう あと283日 @ Shangri-La Centre, Ulaanbaatar  

もっと読む

hidekisnews

3.25(SUN)14:30

久しぶりのモンゴル

久しぶりのモンゴル これから 9ヶ月ぶりのモンゴルです。 今回は 僕が理事長をつとめる 国際営業代行協会の モンゴル校の開講のため 講演会をしに行きます 営業は国境を越えるのか!? まずはモンゴルから  実践して検証を したいと思います。 講演内容は 日本ではおなじみの 10億の壁の超え方! この手法 モンゴルでも 受け入れられるのか? とても楽しみです 今回で モンゴルには10回目の 渡航ですが 未だにモンゴル料理は 食べられません。 それでも モンゴルの人は大好きです とにかくやさしい。 とにかく相手の気持ちにたつ。 とにかく人懐っこい。 あとは 日本人っていうだけで お金だけの関係になるところが 解消されれば 同等の立場で 世界を変えるビジネスを 一緒にできます!! 今回の旅行は どんな旅になるか 楽しみです ここから数日は モンゴル特集になると 思うのでお楽しみに〜 去年の6月に行った ゲルのホテルは すごくよかったです! んー今回は Shangri-laだから いけないけど… あと284日 @ Tokyo-Narita International Airport  

もっと読む

hidekisnews

3.24(SAT)14:45

今年 2回目のボッチャ

今年 2回目のボッチャ ボッチャって… 平昌パラリンピックの種目でも あるボッチャ!! いやーこのまえやったら 案外面白かった! 今日は、 普及する指導員として 三郷市のイベントに 参加しました! 最初はつまんなそうに していた、子供達も 自分の投げたボールが 狙ったところに 投げられると すごく笑顔になる! 最初は半信半疑の 人達もやってみると ずいぶん楽しんでくれる。 この一体感や達成感を こんなに簡単に味わえる スポーツはほかにないかも?? ルールは簡単 赤チーム青チームに わかれて合計6つずつ ボールをなげて 白いボールに なげたボールが近かった チームの勝ちです。 興味って人を動かしますよね。 興味がないものって いくらいわれても 入ってこない… 壁を作っている  わけでもないのに すーっと腑に落ちないから 覚えられないし うまくやれない。 逆に言えば 自分が成功したい! 成長したい! と思う事には とことん興味を持つ事です 興味も持てば持つほど うまくなるし 成功、成長の確率は 高くなります。 賑やかしだけでは もちろん意味はないと 思いますが やはり相手に興味を もってもらうために どうするか?? ここに全力を注がないと いくらこちらかいいものを 提供しても押し付けに なってします そんな事を考えると ボッチャって なんて効率的な スポーツなんだ!と 思える。 ルールは簡単です。 幼児でも高齢者でも 一律で行えて 力も技もいらない。 にもかかわらず 盛り上がる。 なんでも簡単に説明や 実践できるものって すごく強いんです!! これは、商品も 一緒ですよね。 小学校5年生にも わかるように商品説明って するんですよ。 いやー ボッチャのお陰で マーケティングの基礎が 再確認されました。 僕が個人的に今回 興味をもったのが かいちゃん つぶちゃん 三郷市のキャラクター みたいです。 ギリシャとの姉妹都市の シンボルだとか… あと285日 @ Misato, Saitama  

もっと読む