interview

URETERU スペシャルインタビュー:理事長 高橋 英樹 (前編)

5.28(SUN)00:00


【理事長 高橋 英樹(たかはし ひでき)】

株式会社ブリッジ代表取締役
1979年6月生まれ。24歳で営業代行会社を設立。
業種ごとに複数社の営業代行会社の代表取締役を歴任。徹底的に「売り方」にこだわる営業スタイルで、多いときには日に400件、累計1万社以上の企業の営業相談に乗り、車、保険、不動産、求人広告など、300を超える商品を「売れる商品」に変え、創業から5年で社員400名、年商90億円を超える営業代行会社に育てた営業代行のパイオニア。 現在も営業の価値を高めるべく複数社の営業代行会社のファウンダーとして活躍し、自らも株式会社ブリッジ代表取締役社長に就任。ただ商品を販売するだけでなく企画開発、営業戦略を担うことで社会システムの変革を可能にする商品提供をサポートする。現在、生涯教育にも力を入れ保育園から福祉施設までの設立、開設、運営にも取り組んでいる。

-- 「営業の学校」を作ろう! と思ったきっかけは何ですか?

19歳で社会へ出て、ずっと営業に関わってきました。24歳で独立してからも「営業代行」つまり「営業のプロ集団」の会社ですから、社長でありながら営業もやってきたわけです。  そんななか、いつも思っていたことが「営業マンの地位って低いな、大事にされていないなぁ」ということ。

「たくさん売れば、あなたにお金をこれだけあげますよ」と目の前に人参をぶら下げられて、どこまでもどこまでも走り続ける。まるで家畜のようです。営業マンがいなければ会社は立ち行かないのに、身も心もぼろぼろになるまで働かされるなんて、おかしいですよね。
 

営業マンの地位って低いな、大事にされていないなぁ



そんな状況を変えたかったことも、自分で会社をつくった理由のひとつです。
しかし、やはり社会全体の価値観、イメージというのはなかなか変えられるものではありません。どんなに優秀な営業マンでも、評価されるのはチームの歯車として。「これまでに何をどれだけ売ってきました」というアピールをいくらしたって、営業マン本人の価値にはつながらないのです。

それはなぜだろう、と考えたとき「資格がないからだ」と気づきました。
不動産業なら宅建(宅地建物取引士)、飲食業ならワインエキスパート。
営業マンだって「営業1級」みたいにアピールできたらいいんじゃないかな。

 

新規開拓、外回り、ルート営業、インターネットや電話での営業。営業といってもいろいろあるなか、  「私はこれが得意です」  「こういうことを学んで、これだけの経験をしていますよ」  というのが資格として明確になれば、営業マンの能力を見極める基準になる。  営業という仕事そのものだって、もっと評価してもらえるようになる。  そのための勉強ができる「営業の学校」があればいいだろうな……と考えたことが、PDAA設立のきっかけになっています。

 

後編:最年少理事としての矜持とPDAAの展望

無料学びも特典もいっぱい!
あなたもPDAA 無料会員になろう!

売れてる営業に変身できる最強実践サイト「URETERU」を運営しているPDAA の無料会員にあなたもなりませんか?
ここには成功を収めている多くの経営者、専門家と、成功したい目標を持ったあメンバーが集まっています!
楽しい飲み会PDAA クラブや、実践に役立つセミナー等、PDAA 無料会員になって、成功への道筋を一緒に見つけて実現していきましょう。