jpculturetips

魔はいつもあなたのそばにいる

2.7(WED)11:30



早いもので、今年ももう立春(2月4日)が過ぎました。立春の前日は節分。

皆さん、豆まきなどはされましたか?


節分はその字の通り、「節」が「分」かれるということ。

日本の暦では、「二十四節気」といって、1年を24分割にして考えています。
聞き馴染みのある「春分」「秋分」「夏至」「冬至」も二十四節気のひとつ。春夏秋冬、それぞれの季節が始まる日の前日が「節分」。
なので厳密に言うと、節分は1年に4回あるのです。


立春は春が始まる日で、二十四節気もここから始まります。そのため「新しい年の始まりの日」ともされます。節分に豆をまいて、鬼を追いやるのは、邪気を祓い清めた状態で新しい年を迎えるためなのですね。


鬼や邪気はおとぎ話の中の話ではなく、私たちの生活の中に自然に入り込んでくるものです。

「魔が差す」というのはまさにそんな状態のこと。現代のように電気もない昔、否応なく漆黒の闇に包まれる夜に、日本人は今よりも敏感に魔の存在を感じていたのでしょう。

日の出とともに起きて、朝日を浴びる。そこには、夜の間に我が身に取り付いた魔を祓う意味が込められています。


皆さんは朝、どんなふうに過ごしていますか?

時間ギリギリまでベッドの中にいて、慌てて飛び出したりしていませんか?

明日は朝一番にしっかりと太陽の光を浴びてみましょう。余裕があれば、さっとシャワーを浴びるのもいいですね。

新しい1日の始まりに、まず魔を取り払い、​我が身を清める。いつもと同じ通勤の道もちょっと違って見えてくるかもしれません。


 

 

【秦 まゆな(はた まゆな)】

日本文化案内人・文筆家

「母国・日本の歴史を正しく知り、我が子に伝えられるお父さんお母さんをつくる」ために執筆・セミナーなどで活動中。
著書に『日本の神話と神様手帖 あなたにつながる八百萬の神々』(マイナビ)、『美しい古墳』(ワニブックスPLUS新書)。

無料学びも特典もいっぱい!
あなたもPDAA 無料会員になろう!

売れてる営業に変身できる最強実践サイト「URETERU」を運営しているPDAA の無料会員にあなたもなりませんか?
ここには成功を収めている多くの経営者、専門家と、成功したい目標を持ったあメンバーが集まっています!
楽しい飲み会PDAA クラブや、実践に役立つセミナー等、PDAA 無料会員になって、成功への道筋を一緒に見つけて実現していきましょう。